本だたみ

気持ち良く袖を通す為に、
ここは手間暇を惜しまず丁寧に気持ちを込めて行いましょう。
同時に洗い上がりの木綿のサッパリした感触を味わいながら
下の画像を参考にチャレンジして下さい。
(ご理解いただき易いように木綿の袷きものを使用いたしました。)

衿を左裾を右にして、裾と衿を持ち前方に投げ出すようにして、腰から下の部分を広げます。
右脇縫いの縫い目で下前を前方に折り返します。
衽の縫い目で衽を手前に折り返します。
上前の裾と衿を持ち手前に引き上げます。
下前と上前の衿先と衽の角をぴったり合わせ、その他の直線もずれないように重ねます。
左脇縫いを持ち、身頃が皺にならないように手前に引きます。
右脇縫いと左脇縫いの直線をきっちり重ねます。
腰から下の重ねた部分を乱れないように三つだたみします。
左右の衿を重ねると同時に、胸や肩の皺をのばします。
衿肩あき止め部分の衿を斜めに持ち(※手前を広げるように)ます。
広げた衿を内側(背縫いを中心に)に折り返します。
★手首を中に絞り込むように合わせます。
左右の衿が重なったところです。
★衿の下に手の平を滑り込ませ、身頃の皺をのばしました。
衿の重なりがずれないように注意し、背縫いで折り返します。
★背縫いを真っ直ぐにしつつ肩などの皺をのばしました。
袖付けで左袖を向こう側に折り返します。
左右の袖付けを合わせて持ちます。
右袖を上前方に振り上げ左袖と重ね合わせます。
袖の四隅を重ね合わせながら全体のずれを直します。

★特に衿の重なりと胸や肩の皺を伸ばしながら改めて形を整えます。

衿先から半分に折りたたんだ所です。
袖の長さに折りたたんだところです。
さらに半分に折りたたんだところです。

収納場所に応じて出来上がりのサイズをお選びください。

比較的狭い場所で座ったままたためますので、私はこの方法で行っております。
コツを覚え慣れるまで時間がかかるかと思われますが、
根気良く自分なりに工夫をし、マスターしていただければ幸いです。
(きものの構成は直線断ちで左右対称ですので各部分を重ね合わせれば
奇麗にたたむ事が出きるようになると思います。)

◆◇◆お出かけの時など、どうしても皺が気になる場合はアイロンをかけてください。