あそびを持たせる

着付けの後そのままですと、上半身が窮屈で
腕や肩など動かしにくいものです。
最後にほんの少しあそびを持たせてください。

袖付けの下の脇縫いの縫い目部分を持ち、若干引き上げます。
左も同様に行います。
後も帯を押えながら、後身頃を引き上げます。
下前も引き上げます。
着つけた直後に勢いよく胡座や正座をしますと、背縫部分の糸が寄ったり、最悪の場合は裂けたりしますので、背縫い部分をつまんで遊びを作っておきます。

特にヒップの大きいご立派な体格の方は気をつけてください。

(これはお客様から教えていただきました。)

これで、上半身の動きが角帯の下まで響かず着崩れを少なくすると同時に、帯の上にあそびが生まれ長時間着ていても楽に快適に過ごす事ができます。