下着を着ける

日常着として気軽に楽しむことを前提に、
ここでは肌着とステテコ(キュプラ)を
下に着けてから半襦袢を着ています。

肌着の裾をステテコの中に入れ、
裾が乱れないように固定します。

半襦袢を肩に掛け、袖口を左右同じ指先の位置で摘み、左右に揺すりながら背縫いが中心になるようにします。(これで裄が左右均等になります。)

左右の半衿先を体の中心で合わせます。
(左右の衿のズレを直します。)
衿を持ち、軽く揺すりながら体の中心で合わせます。(身頃も左右に偏りが無いか確認します。)
左手(上前)を開き、右手(下前)の衿を左腰の位置に巻き込みます。
右手を離すと同時に、左の肘で衿を押えます。
左手(上前)の衿を右腰の位置に巻き込みます。
半襦袢の着付け完了。
左手に腰紐の中心を持ちます。
お臍の下から腰骨へ上げ気味に紐を当てます。
後に廻し、持ち替えて軽く締めたところです。
まん中で一結び。
左右の紐を180度捩リます。
紐先を左右の腰紐に巻きつけます。
出来上がりです。

室内で他人の目が気にならない場合などは
着慣れた洋装肌着やTシャツにステテコなどの
気軽な組み合わせでもよろしいかと思います。