衿を整える

長時間着ているとどうしても衿元が乱れたり弛んできます。
そのような時、人目に付かない所で手直しをして下さい。

帯が上がり衿が弛んだところです。
上前の衿下を摘み左上に開きます。
半襦袢の衿先が見えて摘める所まで引き上げます。
左手で半襦袢の衿先を斜め左下に引きながら、右手で衿を顎方向に上げます。
右の半襦袢の衿が見えるところまで下前を持ち上げたところです。
右手で半襦袢の衿を斜め右下に引きながら、左手で衿を顎方向に上げます。
再度上前を開き、下前の衿を引き下げながら着物の衿を顎方向に上げます。
上前の衿先を下に引き、左手で着物の衿を顎方向に上げます。
右手を広げて懐に入れます。
帯で押えられている下前の衿先を摘み、指先で捻り上げ前開きを解消します。

前開きの状態です。
帯で隠れている上前の衿を摘み上に引き上げ、前開きを直します。
出来上がりです。

長襦袢を下に着けていても同じ要領で行ってください。