角帯結び

片ばさみ後結び】

前結びに慣れてきましたら、今度は後結びにチャレンジしてください。
生まれてから後ろで作業を行ったことは恐らく無いと思いますので、
最初は、前後左右、上下どのように動かしたらよいかまごつきますが、姿見等を
見ながら根気よく繰り返してください。画像と画像の間にはどうしても
説明しきれない微妙な手の動きがありますが、自分なりに工夫をして下さい。

この画像までは貝の口をご覧ください。

貝の口より手の長さを約10cm短く持ち軽く締めます。

タレの長さを決める折り返し点も貝の口より約10cm短くします。
そこを起点に折り返します。
左手は手先、右手はタレを持ち、すこしきつめに締めます。
帯がずり落ちないように指先で帯を押えつつ手先とタレを持ち替えながら、手先を下にタレを上にして交差させます。
(着物の袂は手で払って前にしておきます。)
タレと手が交差している上の隙間にタレを押し込みます。
引き抜いて、右手で引き上げる力を強めにして結びます。
(タレで包まれている手の歪みを整えてください。)
一巻目と二巻目の間に親指を入れ、そのまま右方向に親指をずらします。
親指で一巻目と二巻目の間に隙間を作ります。
その隙間にタレ先の角を斜めに入れ込みます。
帯の下からタレ先の角を摘み引き抜こうとしているところです。
すこし覗いたらそこで止めておきます。
タレの折り返しに人差し指を入れ摘み、右上方向に引き上げながら左手で手先を左下に引き下げ、締めます。
タレの折り返しの輪に左手の人差し指を入れて、右手でタレ先を少しずつ引き下げながら、人差し指を引き抜きます。

を繰り返し好みの形と締め心地を決めます。)

交差している下の部分に指をあてがいます。
その指を左右に滑らしながら皺や歪んだ部分を均します。
最後に軽く引き締めます。

タレと手先の長さのバランスが悪い場合は、まで戻り、結ぶ位置を変えて手先とタレの長さを微調整します。
それでも上手くいかない場合は、まで戻り調節して下さい。

(ウエストや出来上がりの形の好みなどに個人差がありますので、自分に最適な折り返しの長さを見つけてください。)

出来上がりです。

肩の硬い方は、お風呂上りなど体が温まっている時に、
続けていただきますと、だんだんと肩が柔らかくなるようです。