角帯結び

片ばさみ(前結び)

先ずは結び目が見える前で、
椅子の生活やドライブに最適な片ばさみ
(浪人結び)をマスターしましょう。

約30cmの長さを半分に折り‘手’を作ります。
新品の場合は開きやすいので、指先で折り山をしっかり押えます。
臍下の快適な位置に手を合わせます。
(折り山の輪を下にします。)
後は肘を曲げて、前より上の高さの位置に廻します。
左手をいっぱいまで廻します。
廻しこんだ帯の上の際を右手の小指で押え、左手を放しても落ちないようにします。
廻しこんだ部分を左手に持ち一巻きしたところです。その時のお腹と相談し気持ち良いと感じるところまで締めます。
二巻目を廻し右腰部分で一巻き目とのズレがないように合わせます。
左腰でズレがないように確認しつつ三巻目に入ります。
三回巻あげ、‘タレ’を作る部分を押えたところです。お臍から約30cmの長さを目安にしています。
貝の口より短くします。
余った帯先を右手に持ちます。
余りを内側に折り返し、上下に出ないようにキッチリ合わせます。これで‘タレ’が出来上がりです。
手を下にタレを上にし、交差させます。
(手の開きを上に、折り山を下にします。)
タレ先を引き抜き、すこしお腹をへこませながら結びます。
(タレを持ち上げながら上目に結び目を作ります。)
貝の口より右目のお臍の下辺りで結びます。
一巻目を残し二枚との間に親指を入れ、隙間を作ります。
その隙間にタレの角を斜めに滑り込ませます。
タレの角を摘み覗く位に引き出します。
タレが折り返された部分の輪の隙間に人差し指を入れ、輪が縮むのを指先で感じながら、左手でタレ先を左斜め下に引き下げます。
同じところに左手の人差し指を入れ、右斜め下に手先を引き下げます。
を繰り返し好みの形と締め心地を決めます。)
タレで覆われている手の捩れなどを右手で整えます。
タレと手先を軽く引きます。

タレと手先の長さのバランスが悪い場合は、まで戻り、結ぶ位置を変えて微調整します。
それでも上手くいかない場合は、まで戻り調節して下さい。

(ウエストや出来上がりの形の好みなどに個人差がありますので、自分に最適なタレの長さを見つけてください。)

交差した下の部分が波打つ場合がありますので、左右の指先でしごき平らにします。
お腹をへこませ、前と後に親指を着物と一巻目の間に入れて帯を掴みます。
お腹をへこませた状態を保ち、右方向にイッキに180度回転させます。
完成です。
手先やタレの長さは、お好みで調整してください。