角帯結び

貝の口後結び】

前結びに慣れてきましたら、今度は後結びにチャレンジしてください。
生まれてから後ろで作業を行ったことは恐らく無いと思いますので、
最初は、前後左右、上下どのように動かしたらよいかまごつきますが、姿見等を
見ながら根気よく繰り返してください。画像と画像の間にはどうしても
説明しきれない微妙な手の動きがありますが、自分なりに工夫をして下さい。

上前がずれないように手先で押えながら臍下の快適な位置に合わせます。
(腰紐は使っていません。)
右手はそのままにして左方向に一巻目を廻し、右手の小指で帯の上の際を押えます。
廻しこんだ部分を前から左手で引き寄せ、手と一緒に掴みます。
着物の衿先を押えながら左方向に廻します。
左脇まで廻します。
左手で背中まで廻し右手で受け取り軽く締めます。
の後、右手で手先を持ち左手で廻し右手で受け取る方法もあります。)
もう一回廻した後、帯は水平に腕いっぱいに伸ばし折り返し点を掴んだところです。
余分な部分をずれないように折り返しタレを作ります。
左手は手先、右手はタレを持ち、すこしきつめに締めます。
帯がずり落ちないように指先で帯を押えつつ手先とタレを持ち替えながら、手先を下にタレを上にして交差させます。
(着物の袂は手で払って前にしておきます。)
手の輪が下になっていることを確認しながら、タレを上に引き抜きやすいように交差している上に空間を作ります。
その空間に、手の輪に沿わせてタレを差し込みます。
引き抜いて、右手で強めに引き上げて結びます。
手先を右肩方向に折り返し、左手の甲と帯との間に隙間を作ります。
その隙間に右手のタレ先を横方向に入れ込みます。
引き抜き、タレと手を持ち軽く締めたところです。
手の折り返し部分を押え、手先を引き上げ締めたところです。
タレの皺をのばしながら形を整えます。

タレと手の長さのバランスが悪い場合は、まで戻り、結ぶ位置を変えて手先とタレの長さを微調整します。

それでも上手くいかない場合は、まで戻り調節して下さい。

(ウエストや出来上がりの形の好みなどに個人差がありますので、自分に最適なタレの長さを見つけてください。)

出来上がりです。

肩の硬い方は、お風呂上りなど体が温まっている時に、
続けていただきますと、だんだんと肩が柔らかくなるようです。