角帯結び

貝の口前結び)

先ずは結び目が見える前で、
男結びの基本の貝の口をマスターしましょう。

約30cmの長さを半分に折り‘手’を作る。
新品の場合は開きやすいので、指先で折り山をしっかり押えます。
臍下の快適な位置に手を合わせます。
(折り山の輪を下にします。)
後は肘を曲げて、前より上の高さの位置に廻します。
左手をいっぱいまで廻します。
廻しこんだ帯の上の際を右手の小指で押え、左手を放しても落ちないようにします。
廻しこんだ部分を左手に持ち一巻きしたところです。その時のお腹と相談し気持ち良いと感じるところまで軽く締めます。
二巻目を廻し右腰部分で、一巻き目とのズレがないように合わせます。
左腰でズレがないように確認しつつ三巻目に入ります。
三回巻あげ、‘タレ’を作る部分を押えたところです。お臍から約40cmの長さを目安にしています。
余った帯先を右手に持ちます。
余りを内側に折り返し、上下に出ないようにキッチリ合わせます。これで‘タレ’が出来上がりです。
再度お腹の具合と相談し軽く締めます。
手を下にタレを上にして、交差させます。
(手の開きを上に、折り山を下にします。)
中心から少し左の位置で結んでいます。
手の折り山に沿ってタレを中に押し込みます。
(右手をお腹から離すように前にし、交差点も前にしますと楽にタレを押し込めます。)
タレ先を引き抜き、少しお腹をへこませながら結びます。
(タレを上に持ち上げながら上目に結び目を作ります。)
左手で結び際のタレの角が崩れないように押えます。
タレを上に上げつつ右手の手を折ります。
手先を左手に持ち替えタレを下ろします。
タレ先を右手で持ち、手の折山に沿わせ、手首を捻りながら中に廻し込みます。
タレ先を引き抜き形を整えます。

タレと手先の長さのバランスが悪い場合は、まで戻り、結ぶ位置を変えて微調整します。
それでも上手くいかない場合は、まで戻りタレの長さを変えて調節して下さい。

(ウエストや出来上がりの形の好みなどに個人差がありますので、ご自分に最適なタレの長さを見つけてください。)

お腹をへこませ、前と後に親指を着物と一巻目の間に入れて帯を掴みます。
お腹をへこませた状態を保ち、右方向にイッキに180度回転させます。
滑りの良くない着物と帯の場合背縫いがズレますので、逆方向に戻します。
完成です。
手先やタレの長さ、あるいは結びあがりの形はお好みで調整してください。