長着を着ける

すこし慣れた方腰紐は使わない)

着用頻度が高くなりますと、
腰紐を用意したり結ぶ動作が煩わしくなります。
そのように感じましたら下の手順を参考に、
お試しいただきたいと思います。

着物と半襦袢の衿の間に中指を入れ、親指は着物の衿に、人差し指は半襦袢の衿を押えつつ半襦袢の衿が着物より約2cm程出るように指先で摘みます。
右手の中指を着物と半襦袢の衿の間に差し込み、人差し指で半襦袢の衿を押えたところです。
左手の中指を着物と半襦袢の衿の間に差し込、親指と人差し指で着物より半襦袢の衿を約2cm出したところです。
左手(上前)を開くと同時に、右手(下前)の半襦袢の衿を左腰に巻き込みます。
半襦袢の衿を押えていた右手の人差し指を離し、半襦袢の衿が覗くように着物の衿を折り返します。
右手(下前)を開くと同時に、覗いた半襦袢の衿を左の肘でズレないように押えます。
左手の肘は押えたまま右手(下前)を開くと同時に、
半襦袢の衿部分を右腰に巻き込みます。
半襦袢の衿を押えていた人差し指を離し、半襦袢の衿が覗くように着物の衿を折り返します。

左手(上前)を開くと同時に、覗いた半襦袢の衿を右の肘でズレないように押えます。

左手(上前)を開き、素早く右手(下前)の衿を左腰の位置に巻き込み、前開きにならないように手首を上に捻り上げます。
右手で巻き込んだ衿を左の肘で押えます。
上前の衿を右腰の位置に巻き付け、前開きにならないように手首を上に捻ります。
出来上がりです。

指と手首、腕、肘、等がスムーズに動くように必ずなリますので、
根気よく繰り返してください。これをマスターすれば、
短時間で楽しく、パタパタパタと快適に着けることが出来るようになります。