着物を着ける

はじめての方腰紐を使う)

はじめのうちは半襦袢と着物に一本ずつ腰紐を結んだ方が、
角帯を結ぶ際の着崩れを気にせず行えますので、
先ずは、こちらをお勧めいたします。

先ず、左手に着物を持ち右手は半襦袢の袂を持ちます。
袂を持った右手を着物の右袖に深く入れ、
袂を放します。
着物を肩の位置まで引き上げ右肩に掛けます。
左の肩にも着物を引き上げて掛けます。
半襦袢の袂を持ち、肘は軽く脇に付け左肩方向に手を捻り上げます。
左の腕を通したら、袖口から手を入れ半襦袢の袂が着物の袖に納まるように、右左整えます。

左右の指先で、着物と半襦袢の袖口を摘み着物の裄より半襦袢の裄が左右とも、同じ間隔で短くなるように調節します。

同時に、左右に揺すりながら背縫いが背中心になるようにします。
(これで裄が左右均等になります。)

左右の共衿先を体の中心で合わせます。
(軽く上下に揺すり、首に沿うようにします。)
着物の衿を持ち、お尻から腰の部分に後身頃が軽く当たるように前に突き出します。
(これで身頃が左右均等になります。)
左手(上前)を開き右手(下前)の衿を、左腰に巻き込みます。
(お尻から腰、お腹にかけパンパンに巻き込まないでください。)
前開きにならないように、手首を左斜め上方向に若干捻り上げます。
右手を離すと同時に巻き込んだ衿部分を左肘で押えます。
左手(上前)の衿を右腰に巻きつけます。
(こちらもお尻から腰、お腹にかけパンパンに巻き込まないでください。)
前開きにならないように、手首を右斜め上方向に若干捻り上げます。
左手で腰紐の中央を持ちます。
角帯を締める位置に腰紐を当て、後に廻します。
一巻した後一結びします。

手を180度回転させ紐が弛まないようにします。

余った紐先は、左右の紐に絡め出来上がりです。