ご用意ください

はじめての方は、着物、角帯以外に、
肌着、半襦袢、ステテコ、足袋、腰紐2本を、
ご用意される事をお勧めいたします。



◆ 肌着



晒の肌着です。

長襦袢や半襦袢の下に隠れますので衿の色はそれほど気にすることはございませんが、多少は着物の色との相性を意識しています。

左の白は、小千谷縮、阿波しじら、近江ちぢみなど透ける生地で、襦袢を着けないゆかた感覚で着用の場合に利用しています。

ステテコ



右の紺とグレーは和装用で、素材は滑りのよいキュプラです。左の白と薄グレーはズボン下に使っている洋服用のステテコです。
季節や着物の色合いなどで使い分けています。
半襦袢



当店の晒半襦袢です。

着物の衿から半衿の色が若干覗きますので、その都度使いわけています。

腰紐



左の白は晒、グレーと右の白はモスリン(ウール)です。
ウエストに合わせて丁度良い長さの品物をご用意ください。
足袋



上段の左のベージュは麻、右のグリーンはポリエステル、下段は木綿でございます。

季節や着物とのコーディネイトで履き別けています。


時と場合により着けています。
左の越中褌は買い求めましたが、右の六尺褌は、上質な晒木綿を240cmの長さに鋏を入れました。
私は、どちらかというと6尺が好みです。オフ会や出張など朝から夜まで着物で過ごす時はトイレの関係で必ず褌にしています。
裾除け
腰布は晒、本体ははキュプラで左は絽、右は無地です。

春のそよ風や秋の爽やかな気候の時、褌の上に巻きつけています。
ステテコでは味わう事の出来ない開放感を楽しむことができます。

股引
雪の季節の米沢、小千谷などの出張に着けています。
すこし裾捌きは悪くなりますが、暖かさを優先しています。

下着には四季折々快適に過ごす為のアイテムがいろいろございますので、
ご自分の着物ライフに合った素材や組み合わせを臨機応変に、
見つけ出して、おおいに和服を楽しんでいただきたいと思っております。